タグ : OSX86

続々・雪豹で夢を見るコツ

SDMx86 が追加した kext を /Extra/Extensions へお引っ越し。したら、内蔵音源から音がしなくなった。orz

ので、VoodooHDA.kext だけ、/System/Library/Extensions へ居残り。モジュールの依存関係が原因だと思われ。

続・雪豹で夢を見るコツ

P5E WS Pro の PATA に接続した DVD ドライブを認識させることができましたので、kext をバックアップ代わりに上げておくことに。

darwin-ata からソースを落として、32/64bit 両対応でビルドしてから、Contents/Info.plist にデバイス ID を必要なだけ追加すれば OK でした。

32/64bit 両対応の fakesmc.kext、NullCPUPowerManagement.kext、OpenHaltRestart.kext と併せて固めてありますので、必要な方は、こちらからどうぞ。もちろん、ご使用は、at your own risk で。:)

雪豹で夢を見るコツ – まとめ

P5E WS Professional と Geforce 8800GT で Snow Leopard の夢を見るためのまとめ。

前提

  • Leopard または Windows で、DSDT.aml を作成しておく。
  • 8800GT・Ethernet・HDEF を組み込んだ EFI String を設定した com.apple.Boot.plist ファイルを作成しておく。

事前準備

  • Chameleon 2.0 RC3 をダウンロードする。
  • 夢置場から SDMx86 をダウンロードする。
  • Leopard 上で、Snow Leopard のリテールディスクと SDMx86 を使ってインストールディスクを作る。DSDT.aml と com.apple.Boot.plist をコピーしておくのを忘れずに。

BIOS 設定

  • Main > System Time は UTC にあわせる。
  • Main > SATA Configuration > Configure STAT as は、[AHCI]
  • Advanced > CPU Configuraiton > C1E Support は、[Disabled]
  • Advanced > Chipset > North Bridge Configuration > Memory Remap Feature は、[Enabled] (メモリを 4GB 以上積んでいる場合)
  • Advanced > USB Configuraiton > Port 64/60 Emulation は、[Enaabled]
  • Advanced > USB Configuraiton > Legacy USB Support は、[Enaabled]

インストール手順

インストールディスクでブートする。SATA または USB 接続の DVD ドライブからしかブートしないのはお約束。

普通にインストールを進める。ただし、オプションインストールはできないので注意。(SDMx86 のインストールディスク作成の際に必要なファイルが省かれるため)

環境によっては、最後の最後で「インストールに失敗しました」とダイアログが表示されるが気にしない。

  • インストールを終了する前に、メニューバーからユーティリティ > ターミナルを選択、起動する。
  • インストール対象のボリュームをマウントして、com.apple.Boot.plist をコピーする。
  • ターミナルを終了する。
  • 元のダイアログが表示されたら再起動ボタンをクリックしてリブートする。ただし、環境によっては正常にリブートしないので、リセットボタンでリブートしても可。

イントロムービーを楽しむ。ユーザ登録やデータ移行はお好みで。:)

Chameleon 2.0 RC3 をインストールする。ターミナルを開いて、

リブートする。

64bit カーネルモードで立ち上がってくるので、ログインしてシステムプロファイラで確かめる。

カーネルエクステンションのキャッシュを再作成する。ターミナルを開いて、

32bit カーネルモードを常用したい場合は、com.apple.Boot.plist に以下の設定を行う。

必要なら、/Extra/smbios.plist も変更する。設定、変更が終わったら、リブートする。

後は、お好みで。:)

カメレオンはレガシー好みらしい

うちのマシンが、Chameleon 2.0 ではブートメニューを操作できなかった原因は、BIOS の USB 設定が原因でした。Advanced > USB Configuration の

Port 64/60 Emulation
Legacy USB Support

をともに、Enable にしてやると、ちゃんと Apple Keyboard の入力を拾うようになりました。

や、SDMx86 の素のブートローダ (PC-EFI v9) だと何故か CPU のクロックとか、BIOS のバージョンとか、SMCから拾う値が異常な値になってたので、気持ち悪かったんですよねん。

ついでに、ブートローダーを Chameleon に置き換えることで、ログイン時のカーネルパニックも起きなくなったので、二重に良い結果となりました。

雪豹は機嫌を取るのが大変…

電源 ON & 64bit モードで再起動 → Extensions.mkext 作り直し → リブート。という手順を踏まないと 32bit モードがログイン時に必ずカーネルパニックを引き起こす…なぜ…?

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.