タグ : Newspipe

Newspipe のインストール

Feedbin の設置には成功したものの、どうやってもフィードを更新してくれなくて、使用を断念したが、他によさげなアグリゲーターがないか、😎 Awesome lists about all kinds of interesting topicsで探したところ、Newspipe が使いやすそうだったので、これをインストールしてみた。

結果から言うと、丸二日かかって稼働に成功。やったね!😁

まず、Python 3.7 以上が必要だが、Debian 9 (Stretch) に入っているのは、3.5。ということで、ソースからインストールする。現時点での最新版は、3.7.3

最初に、前提となるパッケージをインストールしておく。

次に、適当なところでアーカイブを展開し、以下を実行する。

--enable-shared オプションって推奨されてないんじゃないの?と思う人もいるかも知れませんが、mod_wsgi に共有ライブラリが必要なので、指定せざるを得ません。最後の ldconfig は、Python 共有ライブラリを認識させるためのおまじない。やっておかないと実行時にエラーが起きます。

Python がインストールできたら、PostgreSQL も必要なので、インストールしておく。うちは、別インスタンスにインストール済みなので、パス。いずれにせよ、データベースを作成しておく。

NewspipeGitLab からクローンする。

Newspipe を実行するユーザーを作成する。

README にある通りに実行…したら、上手くいかないので、以下のようにする。

ここで、src/conf.cfg を編集する。うちは、こんな感じ。ドメイン名は example.com ではなく、自分で取得したドメインに適宜置換すること。

編集を終えたら、以下を実行。

ここで、エラーが出なかったら、うまくインストールできている。が、mod_wsgi で実行すると、地味にエラーが出るので、以下のパッチを当てておく。

mod_wsgi をインストールする。

エラーや警告が出たら、何か足りないので、せっせと追加する。

さらに apache を設定する。まず、/etc/apache2/mods-availabe/mod_wsgi.load を作成する。

WSGIPythonHome や、WSGIPythonPath は実際にインストールされているディレクトリに適宜置換することをお忘れなく。

次に、/etc/apache2/sites-availabe に設定ファイルを作成する。ファイル名は仮に、newspipe.conf としておく。あと、ドメイン名は example.com ではなく、自分で取得したドメインに置き換えること。

見ておわかりの通り、WSGIScriptAlias に、/srv/newspipe/src/web/app.wsgi を指定してるけど、そんなファイルはない。つまり作成する必要がある。

ここまで辿り着いたら、あとは、

これでブラウザからアクセスして、ログイン画面が出れば完了!

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.