タグ : Linux

CentOS 7 の firewalld

気分が乗ったので、CentOS 7 をインストールした。ファイアウォールの設定が結構手間だったので、備忘録代わりに記録しておく。

まず、定番のサービスポートを開けておく。

自宅は固定アドレスで、かつ ipv6 も割り当てられているので、そこからは全ポートを受け付けてもらえるように開放する。

内部通信用のインターフェースは無条件で信頼する。

設定をリロードして、おしまい。

と思ったら、内部インターフェースが起動されていなかったので、NetworkManager で起動させる。

Debian Stretch – GRUB 2 のバグ?

KVM のシリアルポート経由で、ブートメッセージをチェックするようにしているのだが、Debian Stretch をゲストにすると、なぜか GRUB 2 がシリアルコンソールにメニューを表示しない問題があった。

実用上さして気にするほどでもなかったので放置してたのだが、他のディストリビューション (CentOS 7, Ubuntu 16) ではちゃんと表示されるので、いっちょ修正するか、と手を出してみた。

結論。sid の GRUB 2 と入れ替えたら問題なく表示された。なぜ Stretch では直さないのかよくわからない。バックポートが難しいのだろうか。
使用しているスクリプトで kvm の起動待ちをしている部分が悪さをしていることがわかった。起動確認をしている間に grub メニューが表示されるため、シリアルコンソールに制御が移ったときには表示済みのため、一見表示されていないように見えただけだった。反省。

シリアルコンソール出力あれこれ

KVM で VM を起動するときにシリアルコンソールに起動情報が流れてくれたら起動の様子がわかって大変便利なので、その設定を追加。

1. Debian GNU/Linux

/etc/defaults/grub を以下のように修正。

これで、ログインプロンプトまで出る。もちろん、修正した後は、update-grub を忘れないように。ただ、うちの環境だと、grub メニューの選択肢が表示されない。まあ、デフォルト以外で起動することはないので、放っておいてます。

2. CentOS 7

/etc/defaults/grub を以下のように修正。

その後、sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg を実行。

3. FreeBSD 11.1

まず、/boot.config を作成して、以下の内容を設定。

次に、/etc/ttysttyu0 以下のように修正。

これで再起動をかけると、起動メッセージがだーっとシリアルポートから出力される。その上、ログインプロンプトまで出てくれる。便利。

4. OpenBSD 6.2

/etc/boot.conf を作成して以下の内容を追加。

次に、/etc/ttystty00 の行を変更。

5. DragonFly BSD 5.0.2

/boot/loader.conf に以下の行を追加。

次に、/etc/ttysttyd0 の行を変更。

ちょっとした KVM サポートツール

そろそろよかろうと思って、サーバーを jessie に上げたら、Xen が起動しない。ホスティングサーバーの変更もあったので、思い切って仮想化基盤を KVM に変更……というか、回帰しました。

ところが、xen-tools のようなお手軽ツールがありません。いや、あることはあるのですが、古いバージョンにしか対応してなくて、しかも最近全くメンテされてない状態。

一応、昔気に入ってて、日本語翻訳までした Proxmox VE も見てみたのですが、えらく進化してしまって、機能てんこ盛りで、こんなんイラネ。VNC もセキュリティに気を遣うのはわかるんですが、ごく一部のクライアントしか対応してないプロトコルしか外に出さない=使いにくい Java クライアントとか、HTML 5 版のやっぱり使いにくいクライアントしか想定にないみたいで、愛想が尽きた。

まあ、イメージは素の状態から CD イメージとか、debootstrap とか使って作るので、VM の作成や削除の機能はいらないや。となると、VM の起動/停止が簡単にできればそれでいいんだけど……ないですね。そんなツール。

ということで、vmmaestro という名前だけは大層なシェルスクリプトをでっち上げました。GitHub にて絶賛公開中。一応、vhost-net とか、x-data-plane とかにも対応してます。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.