タグ : FreeBSD

シリアルコンソール出力あれこれ

KVM で VM を起動するときにシリアルコンソールに起動情報が流れてくれたら起動の様子がわかって大変便利なので、その設定を追加。

1. Debian GNU/Linux

/etc/defaults/grub を以下のように修正。

これで、ログインプロンプトまで出る。もちろん、修正した後は、update-grub を忘れないように。ただ、うちの環境だと、grub メニューの選択肢が表示されない。まあ、デフォルト以外で起動することはないので、放っておいてます。

2. CentOS 7

/etc/defaults/grub を以下のように修正。

その後、sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg を実行。

3. FreeBSD 11.1

まず、/boot.config を作成して、以下の内容を設定。

次に、/etc/ttysttyu0 以下のように修正。

これで再起動をかけると、起動メッセージがだーっとシリアルポートから出力される。その上、ログインプロンプトまで出てくれる。便利。

4. OpenBSD 6.2

/etc/boot.conf を作成して以下の内容を追加。

次に、/etc/ttystty00 の行を変更。

5. DragonFly BSD 5.0.2

/boot/loader.conf に以下の行を追加。

次に、/etc/ttysttyd0 の行を変更。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.