Debian で Xen 4.1 を

パッケージで入れられてしめしめとか思ってたら、何か依存関係でも壊したのか、起動しないゲストがあったでござる。ということで、バニラな方法で入れ直す。元ネタは昨日と同じでこちら → Xen 4.1 from source with Debian Squeeze 2.6.32-5-xen-amd64 dom0 (test)

Xen.org からソースを取ってきます。現時点での最新版は、4.1.2。


wget http://bits.xensource.com/oss-xen/release/4.1.2/xen-4.1.2.tar.gz

ビルドに必要なパッケージをインストールします。/etc/apt/source.list に以下の行を追加して、


deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main

以下を実行。


apt-get build-dep xen
apt-get build-dep xen-utils-common

build-dep で入らないパッケージを追加で入れます。


apt-get install libx11-dev libssl-dev python2.6-dev

で、おもむろにビルド


make xen
make tools
make stubdom

エラーがなければインストール。


make install-xen
make install-tools PYTHON_PREFIX_ARG=
make install-stubdom

Domain 0 に必要なサービスデーモンの起動設定を忘れずに。


update-rc.d xencommons defaults
update-rc.d xendomains defaults

4.0 までと互換性のある、xm ツールセットを使う場合は、xend も起動するようにしておきます。


update-rc.d xend defaults

ひとまず以上で、Xen が起動するはずです。再起動して確認しましょう。


xl list

次のように、Domain-0 がリストされない場合、たいていは GRUB の設定ミスです。

ゲストの作成、管理は色々な方法がありますが、素で Xen を使う場合、xen-tools でゲストを作るようにしておくと、余計なデーモンが常駐したりしないので、その分管理が簡単になります。ですが、パッケージの xen-tools は当然のことながら、xen のパッケージに依存していますのでこの場合は入れられません。従って、これもソースから入れることになります。

まず、xen-tools の実行に必要なパッケージをさくさく入れます。


apt-get install libfile-slurp-perl debootstrap gawk libconfig-inifiles-perl libelf1 libexpect-perl libfont-afm-perl libhtml-format-perl libhtml-parser-perl libhtml-tagset-perl libhtml-tree-perl libio-pty-perl libio-stty-perl liblua5.1-0 libmailtools-perl libnspr4-0d libnss3-1d librpm1 librpmbuild1 librpmio1 libterm-size-perl liburi-perl libwww-perl

次にソースを取得します。パッケージよりちょっとだけリビジョンが上がっています。


wget http://xen-tools.org/software/xen-tools/xen-tools-4.2.1.tar.gz

ソースを展開して、インストールすればおしまいです。意外に簡単。


make install

また、xen-tools では RedHat なディストリビューションを入れるのに、Rinse を使うので、CentOS とかゲストに入れたいと考える人は、入れなくてはなりません。まずは、Rinse の実行に必要なパッケージを入れます。


apt-get install rpm rpm-common rpm2cpio

次にソースを取得します。パッケージより大幅にリビジョンが上がっています。


wget http://www.steve.org.uk/Software/rinse/rinse-1.9.1.tar.gz

ソースを展開して、インストールすればおしまいです。これも簡単。


make install

Debian Squeeze に Xen 4.1 を入れる

XenServer 6.0 の基盤になってたり、他のディストリがこぞって採用してるのが、Xen 4.1 なのですが、時期の関係で、Squeeze には、4.0 が収録されています。何か中途半端。sid にはパッケージがありますので、そっからソースを取ってきて(さすがにバイナリは持ってきても動かないので)、ビルドする方法を見つけましたので、備忘録がてら。

元ネタはこちら → Xen 4.1 from source with Debian Squeeze 2.6.32-5-xen-amd64 dom0 (test)

まずは、source.list に1行追加。


deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main

squeeze や wheezy の行があれば、コメントアウトしておきます。

で、おもむろに、ビルド…する前に、パッケージをひとつ追加しておきます。ないとコンパイルがエラーになるので。


apt-get install ipxe-qemu

PXEブートに使うファームのQEMU用ROMイメージなんですが、なぜか Xen をインストールしても、build-dep しても入りません。

まずはビルド環境を整えます。


apt-get update
apt-get build-dep xen
apt-get build-dep xen-utils-common

Xen のソースと Debian パッチの取り寄せ、ビルドも apt-get で済むのが便利なところ。


cd /usr/src/
apt-get source xen -b
apt-get source xen-utils-common -b

エラーがなければパッケージができているので、dpkg でインストールすればおしまい。


dpkg -i *xen*deb

新年プレゼント企画?

順番があべこべになりましたが、新年明けましておめでとうございます。本年もどうかひとつよろしくお願いします。

シェアウェアの翻訳をしたり、βテストに参加したりする関係で作者さんからライセンスを頂いたものがありますので、新年ということもありまして、これをプレゼントいたします。高いソフトはないですよ?

Screens for iOS 1名様2名様 iPhone/iPad 向けの VNC クライアントです
b.l.t.さんに贈呈いたしました
Screens for Mac 2名様 VNC クライアントです。iOS 版と連携して Mac への接続を補助する機能があります
CmdVees 1名様2名様 メニューに常駐するクリップボード管理ソフトです
shuto_zeppelin さんに贈呈いたしました
Bellhop 1名様 世界中のホテルの宿泊プランを検索することができます

抽選するほど読者はおりませんので(笑)、例によって早い者勝ちとさせて頂きます。

Mac The Ripper を購入/アップグレードする手順

今いちわかりにくいので、備忘録を兼ねてまとめてみました。

  1. まず、このページを参照して開発者のメールアドレスを取得します。(2012/1/13時点では、Gordon Miller 氏の Gmail アドレスになっています)
  2. Paypal から、上記で取得したメールアドレス宛てに送金します。
    • Paypal の送信先にメールアドレスを入力します
    • 金額は、新規にライセンスを購入する場合は、$40USD、アップグレードの場合は、$10USDです。
    • 支払い種別はサービスを選択します。
    • 支払い額を確定すると、メッセージの入力画面になりますが、Donation とか Donate という単語を含めてはいけませんGift とすること、と開発者からお達しがあります。税務関係で揉めるんだとか。なので、件名には、”Support gift” などと入力すればよろしいでしょう。
  3. ただし、最初の購入から1年以内でアップグレードとなった場合に限り、送金は必要ありません。
  4. MTR 4 を起動します。
  5. ライセンス登録/購入画面が表示されるので、 I Need A License! をクリックします。
  6. テンプレートが設定された Mail.app のメール作成画面が表示されるので、トランザクションID、金額、送金日を記入します。

    Transaction Number: には、PayPal の支払い画面で表示されるトランザクションIDを、Amount には支払い額を、Date:には支払い日を記入します。アップグレードの場合は、最初の購入から直近の支払いまで、過去の支払いを含めてすべて記入しなくてはならないことに注意してください。

  7. 記入に漏れがないことを確認したら、後はひたすら返事が来るのを待ちます。自動処理ではありませんので、返信が来るまでに一日二日はかかるとみておいた方がよいと思います。

さて、新規に購入した人の場合、メールでライセンスが届いたら、サポートフォーラムに登録しておいた方がよいでしょう。

  1. まず、RipDifferent に登録します。登録したメールアドレスに確認メールが来ますので、メール本文中の URL をクリックして、アカウントをアクティベートします。
  2. 次に、MTR 4 サポートフォーラムに登録します。この時、RipDifferent と必ず同一のユーザー名で登録します。ここをミスると認証が得られません。
  3. “Welcoming” メールが登録したメールアドレスに来ますので、このメールに返信します。その際、件名には、フォーラムのユーザー名を記入することと、MTR 4 のライセンスファイルを添付することを忘れないで下さい。ユーザー名記入漏れ、ライセンスファイル添付漏れがあると、アカウントはアクティベートされません
  4. “Welcoming” メールに7日以内に返信しないと、やっぱりアカウントはアクティベートされませんのでご注意を。

アカウントの認証も自動処理ではないので (^^;)、これも一日二日みておいた方がよいでしょう。

iLocalize 4.0 翻訳修正

Arizona SoftwareiLocalize は私も愛用しているのですが、最近リリースされたバージョン 4.0 に誤訳が1カ所あるのを見つけました (お恥ずかしい…)。開発元には修正版を送付済みですが、次のリリースまでに間があるので、お待ちになれない方は、添付の Localizable.strings.zip をダウンロードして展開すると出てくる Localizable.strings ファイルを


/Applications/iLocalizes/Contents/Resources/ja.lproj/Localizable.strings

に上書きコピーして下さい。

iLocalize 4.0 日本語 Localizable.strings ファイル

3 / 2012345...1020...最後 »
 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.