夢を見ました

 Leopard を PCにインストールするという夢を見たので、忘れないうちにメモしておいたり。オンボのサウンドがどうやっても認識しないけど、USBの音源あるし、ま、いっかってことで。

 ちなみに、10.5.6 は、スリープから戻ってこないっす。デスクトップをスリープ運用する人は、あんましいないかもしんないけど。(10.5.5だと、ちゃんとスリープから復帰します)

 カーネルブート時にネットワークアダプタが認識されないため、ホストUUID が設定されない問題があった。そのせいで、Time Machines が正常に開始しなかったり、Xcode がエラーを吐いたり、色々問題が。^^; おまけ 4 に解決方法を追記。(2008/12/19)

 

■ 環境

  • M/B: Asus P5E WS Pro
  • CPU: Intel Core 2 Quad (Q6600) 2.4GHz
  • MEM: 8GB
  • VGA: GeForce 8600GT 256MB
  • Sound: USB音源
  • DVD: PIONEER DVD-RW (内蔵) PATA & I・Oデータ SVRP-UN8PL2 (外付) USB

■ 必要なもの

  • ブート可能な USBデバイス
  • Retail の Mac OS X 10.5 Leopard インストールディスク

■ 下準備

  1. boot-132 をダウンロード。generic.iso でOK。http://www.mediafire.com/?uwd9dtttjfk夢置場から Pre Boot CD をダウンロードしても可。http://dream.so.land.to/
  2. 夢置場から LDMx86 をダウンロード。
  3. OpenHaltRestart.kext をダウンロード。http://psystar.com/openhaltrestart.html
  4. AppleVIAATA6111_6145.kext.zip をダウンロード。http://my.ukrweb.info/en/node/73
  5. EFIStudioをダウンロード。http://www.mediafire.com/?mi2jyme5fxf
  6. Kext helperをダウンロード。http://cheetha.net/
  7. Appleから、10.5.6 の Combo Update を落とす。ついでに、JavaのUpdateも落とす。

■ ブートデバイスを作成

  1. ブート用のUSBデバイスをFAT32でフォーマット
  2. boot-132ディスクの内容をUSBへコピー
  3. USB デバイスへコピーした isolinux/isolinux.cfg を デバイス直下へ移動。syslinux.cfg にリネーム
  4. USB デバイスへコピーした isolinux.bin を syslinux.sys にリネーム
  5. USB デバイスにブートストラップローダをインストールする。
    Windowsなら、syslinux.exe -ma X: (X:は、USBデバイスのドライブレター)とすれば完了。
    Linuxなら、syslinux /dev/(USB device)。Mac では…できない? ^^;
  6. LDMx86 を展開して、できたフォルダへ移動する。
  7. フォルダ内にある file1.tgz を展開する。(Macだと、Finderから見えないので、ターミナルを開いて、tar コマンドで展開する。tar xvjf file1.tgz)
  8. USB デバイス上の initrd.img を読み書き可能でオープンする。
  9. initrd.img の内容を削除。
  10. 7. で展開してできた System/Library/Extentions から次のファイルを initrd.img へコピーする。
  11. AppleAHCISupport.kext, IntelCPUPMDisabler.kext, AppleIntelPIIXATASupport.kext, SMBIOSEnabler.kext, dsmos.kext, AppleAHCIPort.kext, AppleYukon2Support.kext
  12. dsmos.kext は、USBデバイスのルート直下にもコピーしておく。
  13. AppleVIAATA6111_6145.kext.zip を展開してできる次のファイルを initrd.img へコピーする。
  14. AppleVIAATA.kext
  15. OpenHaltRestart.ext も initrd.img へコピーする。
  16. 以上で initrd.img を保存してクローズする。
  17. USBデバイス上の syslinux.cfg をエディタで編集。「APPEND biosdev=81」を最後に追加。

■ BIOS設定の確認

  1. SATAの設定で、ICH9R は ACHI または、RAID
  2. CPUの設定で、SpeedStep は Disabled。
  3. オンボードデバイスの設定で、Marvell 80E4165 は Legacy Mode

■ インストール

  1. boot-132 または、Pre Boot CD を焼いて、それでCD起動。
  2. boot: プロンプトが出たら、Leopard Install Disk (Retail) に交換。
  3. リターンキーを押下。
  4. 起動デバイスのメディアタイプを尋ねてくるが、そのままリターン。
  5. また boot: プロンプトが表示されたら、3.〜4. を繰り返す。
  6. CD 起動するなら何かキーを押せ…といった内容のメッセージが表示されたら、何でもいいのでキーを押す。
  7. インストーラが起動するのをのんびり待つ。
  8. インストーラが起動したら、ディスクユーティリティを起動して、インストール先の HD を GUIDパーティションで初期化。
  9. 後は、普通にインストールする。
  10. その間に、ブートデバイス用に作成した USBデバイスを接続しておく。
  11. 通常のMacだと、インストールが終了したら自動的に再起動するが、夢なのでくるくるブートインディケータが回るだけになるかもしれない。その時は、慌てず騒がず、電源を入れ直す。
  12. USBデバイス経由でブートして、Welcome画面になれば、OK。ネットワークが認識されていないが、気にせずに、デスクトップ画面が表示されるまで進める。

■ アップデート

  1. ダウンロードした Comboアップデートを起動する。起動するだけ。
  2. EFIStudio を起動する。
  3. Kext Helper を起動する。
  4. ターミナルを二枚開き、それぞれ、sudo -s しておく。
  5. 片方のターミナルで、以下のコマンドを実行。(しなくても、Disablerが効いてるので問題ないが、念のため)
  6. while sleep 1; do; rm -rf /System/Library/Extensions/AppleIntelCPUPowerManagement.kext; done
  7. ここでおもむろに、Combo Update を実行し、インストールを完了させる。ただし、再起動してはダメ
  8. Kext Helper で、dsmos.kext をインストール。
  9. EFIStudio で、以下の操作を行う。
  10. Device: で、Display を選択。GeForce 8600GT 256MB を選択。Add device ボタンをクリック。すると、Editor ウィンドウが開くが、ひとまず無視。
  11. Device: で、Ethernet を選択。Add device ボタンをクリック。
  12. Editor ウィンドウの write to com.apple.Boot.plist ボタンをクリック。
  13. EFIStudio の ツールバーから、Boot plist Editor を起動して、ブートパラメータに -f を追加。(初期状態は何も定義されていないはず)
  14. 二枚目のターミナルで、/System/InstallAtStartup/scripts/1 を nano か、vi で開く。
  15. AppleIntelCPUPowerManagement.kext を検索し、ヒットすれば、dsmos.kext に置換して、保存する。
  16. nano (または、vi) を終了
  17. ここで、再起動する。
  18. 起動中に、一度リブートがかかる(これ自体は正常。Macでも同じ動きをする)。デスクトップが表示されたら、システムプロファイラで、QE/CIが有効になっていることを確認。
  19. システム環境設定を開き、イーサネットが有効になっていることを確認。イーサネットがなければ、追加する。

 

■ おまけ 1

  1. 内蔵ディスクが「外部ディスク」として認識されているのは、以下の手順で修正する。
  2. /System/Library/Extensions/IOAHCIFamily.kext/Contents/PlugIns/
    IOAHCIBlockStorage.kext/Contents/Info.plist を適当な場所にコピー。
  3. コピーした Info.plist を開く。(Property List Editor が起動)
  4. /Information Property List/IOKitPersonalities/AppleAHCIDiskDriver を開く。
  5. Physical Interconnect をキーに追加。属性は、string。値は、SATA
  6. Physical Interconnect Location をキーに追加。属性は、string。値は、Internal
  7. Protocol Characteristics をキーに追加。属性は、Directory。
  8. Protocol Characteristics の下に、 Physical Interconnect をキーに追加。属性は、string。値は、SATA
  9. Protocol Characteristics の下に、 Physical Interconnect Location をキーに追加。属性は、string。値は、Internal
  10. 保存する。
  11. ターミナルを開き、Info.plist を保存したフォルダへ cd する。
  12. sudo cp Info.plist /System/Library/Extensions/IOAHCIFamily.kext/
    Contents/PlugIns/IOAHCIBlockStorage.kext/Contents/
  13. リブートする。
  14. ネタ元は、http://forum.insanelymac.com/index.php?showtopic=108479

■ おまけ 2

  1. システムプロファイルの「機種ID」(P5E WS Pro) をメモる。
  2. /System/Library/SystemProfiler/SPPlatformReporter.spreporter/
    Contents/Resources/SPMachineTypes.plist を適当なフォルダへコピーする。
  3. このファイルの最後に、P5E WS Pro キーを追加。属性は、string。値は、MacPro
  4. ターミナルを開き、SPMachineTypes.plist を保存したフォルダへ cd する。
  5. 以下のコマンドを実行する。
  6. sudo cp SPMachineTypes.plist /System/Library/SystemProfiler/SPPlatformReporter.spreporter/Contents/Resources/
  7. すると、リブート後、システムプロファイラで、Mac Pro と表示される。^^;
  8. /System/Library/SystemProfiler/SPPlatformReporter.spreporter/
    Contents/Resources/Japanese.lproj/Localizable.strings にキーを定義すればお好みの表示に変えることも可能。Mac Pro Fake とか。各国語で表示したければ、各国語の Localizable.strings を同様に修正。

 

■ おまけ 3

  1. システムメニューの「この Mac について」で、プロセッサが、不明となるのが気持ち悪い人は、
  2. /System/Library/CoreServices/loginwindow.app/Contents/Resources/
    Japanese.lproj/AboutThisMac.strings を適当なところにコピー。
  3. UTF-16 エンコーディングのテキストが扱えるエディタで開く。
  4. "ABOUT_BOX_SINGLE_PROCESSOR_FIELD_FORMAT" = "%@"; という行を、
    "ABOUT_BOX_SINGLE_PROCESSOR_FIELD_FORMAT" = "2.88GHz Intel Core 2 Quad@2.88GHz";
    などと、お好みで書き換える。
  5. ついでにその少し下にある、
    "ABOUT_BOX_MULTIPLE_PROCESSORS_FIELD_FORMAT" = "%@"; という行も、
    "ABOUT_BOX_MULTIPLE_PROCESSORS_FIELD_FORMAT" = "2.88GHz Intel Xeon@2.88GHz x 2";
    などとお好みで書き換える。
  6. ターミナルを開き、AboutThisMac.strings を保存したフォルダへ cd する。
  7. 以下のコマンドを実行する。
  8. sudo cp AboutThisMac.strings /System/Library/CoreServices/loginwindow.app/
    Contents/Resources/Japanese.lproj/
  9. すると、リブート後、お好みのプロセッサ表示に大変身! ^^;;

 

■ おまけ 4 (2008/12/19追記)

  1. sneosx86.freeflux.netこのエントリから、IONetworkingFamily-_581_.zip を取得する。
  2. 適当なフォルダへ展開する。
  3. ターミナルを開き、IONetworkingFamily を展開したフォルダへ cd する。
  4. 以下のコマンドを実行する。
  5. sudo cp IONetworkingFamily /System/Library/Extensions/IONetworkingFamily.kext/Contents/MasOS/
  6. sudo touch /System/Library/Extensions
  7. リブートする。
  8. すると、タイムマシンが正常に動作するようになる。ついでに、Xcode も正常に動作。^^;

StoryMill 3.2.1 日本語リソースパッケージ

うっかりしている間に、StoryMill がバージョンアップして 3.2.1 になってました。ので、日本語リソースも対応してみました。ご自由にお使い下さい。ただし、ご使用は、at your own risk で。:-)

StoryMill 3.2.1 日本語リソースパッケージ

StoryMill 日本語リソース

日本の物書きには、日本語がわかりやすいかと思いまして、以前紹介した StoryMill の日本語リソースを作ってみました。対応バージョンは、3.2です。

StoryMill.app 配下の Contents/Resources の下に、解凍してできた Japanese.lproj をコピーするか、移動するかすれば、メニュー、ダイアログ、ツールバーなどが日本語化されます。テンプレートが一部未訳なのは、ご愛敬。^^;

テンプレートを翻訳した上でしばらく使ってみて、誤訳などなさそうであれば、Mariner Software へ送ろうと思っています。

誤訳や不自然な箇所を見つけてくれる人、大募集中です。

StoryMill 日本語リソースをダウンロード

 

DeskSpace

Macばかりなのも何なので、Windowsの小物もひとつ。今更ではありますけど。

Macだと、Spacesで行っているような複数の仮想デスクトップを管理ソフトなんですが、まあ、PC-Unixのcompizとか、Berylなんかがやってることが、Windowsでもできてしまう商品。Otaku Software の Deskspace というシェアウェアです。

が、使い始めると案外面白い。他のデスクトップが透けて見えるので、どこに何を配置したか結構見てわかるのが意外でした。以前は、特定のデスクトップでアプリケーションを起動することができなかったんですが、最新版(1.5.5.2)では、ちゃんとその機能も追加されており、使用するソフトのカテゴリごとにデスクトップを切り替えたり、あるいは、仕事用、息抜き用なんてデスクトップを整理できたりするようになってます。使えるソフトに育ってきたってことでしょうか。

ホットキーを押すと、こんな感じで画面が奥へひっこむ。


 でもやっぱりこういうソフトは視覚エフェクトが命ですので、デスクトップがぐりんぐりんとマウスの動きにあわせて回転する様を鑑賞するのが、正しいPCユーザの姿なのでしょう。(笑

静止画でごめんなさい。や、もう、ぐりぐり動くんですよ、これが。


 仮想デスクトップソフトは数あれど、結構気に入ってます。他のが味もそっけもなさすぎなだけなんでしょうけど。

少し前のバージョンから、こっそり日本語リソース作って、をOtaku Softwareのフォーラムに上げたりしてるんですが、まあその程度にはお気に入りなわけです。

StoryMill

最近、ちょこちょこと小説もどきを書いている。まあ、内容は完全に妄想なので、それはさておき。テキストエディタでしこしこ書いてたんですが、長くなればなるほど見通しが悪くなるのは仕方のないところ。手頃なツールがないかと探していると、よくあるアウトラインプロセッサは、Googleで簡単に引っかかるもののシーンごとにテキストを管理できるとか、登場人物がリストできるとか、ちょっとあれば便利そうっていう特化した機能を持つ物がない。映画の脚本とか専用のソフトはあるけど、そっちは興味ないし。

で、さらに小説専用とかでググったら出てきました。そのものずばりが目的のソフトで、StoryMill。アメリカではプロフェッショナルな方も使ってるとか。開発と販売元は、MARINER Software



StoryMill起動画面


や、とにかく書きたいとこを先に書いて、体裁は後から整えるという、趣味の小説書き(SS書きの方が一般的?)にはとても重宝します。 submissionといって、どこの出版社やエージェントに原稿を送ったかまで管理できるところが、や、アメリカ的です。w

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.