最近のBSD の virtio 対応状況

NetBSD は試していないのでわからないけれども、FreeBSDOpenBSDDragonFly BSD はすべてデフォルトで virtio ドライバを搭載しているので、普通に kvm 上でインストールできる。進歩したものだ。

OpenBSD のインストールについて覚え書き

OpenBSD をインストールする際、カーネルやブートストラッパが / に置かれるため、ディスクパーティションの先頭は必ず / になるよう配置しなくてはならない。Linux の癖で swap を先頭にしてブートせずに嵌まったので、覚え書き代わりにメモ。

CentOS 7 の firewalld

気分が乗ったので、CentOS 7 をインストールした。ファイアウォールの設定が結構手間だったので、備忘録代わりに記録しておく。

まず、定番のサービスポートを開けておく。

自宅は固定アドレスで、かつ ipv6 も割り当てられているので、そこからは全ポートを受け付けてもらえるように開放する。

内部通信用のインターフェースは無条件で信頼する。

設定をリロードして、おしまい。

と思ったら、内部インターフェースが起動されていなかったので、NetworkManager で起動させる。

Debian Stretch – GRUB 2 のバグ?

KVM のシリアルポート経由で、ブートメッセージをチェックするようにしているのだが、Debian Stretch をゲストにすると、なぜか GRUB 2 がシリアルコンソールにメニューを表示しない問題があった。

実用上さして気にするほどでもなかったので放置してたのだが、他のディストリビューション (CentOS 7, Ubuntu 16) ではちゃんと表示されるので、いっちょ修正するか、と手を出してみた。

結論。sid の GRUB 2 と入れ替えたら問題なく表示された。なぜ Stretch では直さないのかよくわからない。バックポートが難しいのだろうか。
使用しているスクリプトで kvm の起動待ちをしている部分が悪さをしていることがわかった。起動確認をしている間に grub メニューが表示されるため、シリアルコンソールに制御が移ったときには表示済みのため、一見表示されていないように見えただけだった。反省。

DragonFly BSD の IPv6 設定問題

なぜか、/etc/rc.conf に以下の設定をしても反映されない。


#ipv6_enable="YES"
ipv6_network_interfaces="vtnet0"
ipv6_ifconfig_vtnet0="inet6 2001:470:d:461::7:1 prefixlen 64"
ipv6_defaultrouter="2001:470:d:461::1"

仕方ないので、/etc/rc.local にコマンドを直書きしてごまかした。


#! /bin/sh
ifconfig vtnet0 inet6 2001:470:d:461::7:1 prefixlen 64 alias
route add -inet6 default 2001:470:d:461::1

解決法をご存じの方がいらしたら、ぜひコメントをお願いしたい。


追記。
メーリングリストで質問したら、ipv6_ifconfig_vtnet0 の設定がよくないと指摘された。


-ipv6_ifconfig_vtnet0="inet6 2001:470:d:461::7:1 prefixlen 64"
+ipv6_ifconfig_vtnet0="2001:470:d:461::7:1"

と、アドレスだけ指定するのが、DragonFly での作法とか。指摘してくれた、Aaron に感謝。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.