カテゴリー : VPS

Pydio Cells の隠し仕様

ファイル共有サーバーソフト、Pydio が、内容を一新、Go でスクラッチから書き直されて、Pydio Cells となった。

最近になって、更新のための時間が取れたので、インストールしてみた。ところ、このブログも乗っかってる専鯖上の VM には問題なくインストール完了。ところが、ストレージ目的で借りている VPS で、所謂ヌルポインタエラーが出た。フォーラムで質問しても解決しなかったが、うまくいったケースとそうでないケースを見比べて違いを埋めていった結果、Pydio Cells は、プライベート IP アドレスがないとセグメンテーションフォールトを起こす仕様になっていることがわかった。

ドキュメントのどこにも書いてないが、ソースではしっかりチェックされてて、確かにプライベートアドレスがないとエラーになる箇所があった。ところがそのエラーをチェックせずに実行を継続しているので所謂ぬるぽになっている。明らかなバグ。フォーラムで報告しておいた。

[2019/03/15 追記] バージョン 1.4 でこの問題が解決されていることを確認しました。

NetBSD の virtio は、vhost-net に対応していない

調子に乗って、NetBSD もインストールしてみた。

最初、ネットワークアダプタを認識してるのに外部へも外部からも通信できなくて頭を捻ったのだが、kvm の vhost-net を off にしたら問題なく通信するようになった。他の BSD が vhost-net に対応していたので、これはちょっと意外。

最近のBSD の virtio 対応状況

NetBSD は試していないのでわからないけれども、FreeBSDOpenBSDDragonFly BSD はすべてデフォルトで virtio ドライバを搭載しているので、普通に kvm 上でインストールできる。進歩したものだ。

CentOS 7 の firewalld

気分が乗ったので、CentOS 7 をインストールした。ファイアウォールの設定が結構手間だったので、備忘録代わりに記録しておく。

まず、定番のサービスポートを開けておく。

自宅は固定アドレスで、かつ ipv6 も割り当てられているので、そこからは全ポートを受け付けてもらえるように開放する。

内部通信用のインターフェースは無条件で信頼する。

設定をリロードして、おしまい。

と思ったら、内部インターフェースが起動されていなかったので、NetworkManager で起動させる。

ちょっとした KVM サポートツール

そろそろよかろうと思って、サーバーを jessie に上げたら、Xen が起動しない。ホスティングサーバーの変更もあったので、思い切って仮想化基盤を KVM に変更……というか、回帰しました。

ところが、xen-tools のようなお手軽ツールがありません。いや、あることはあるのですが、古いバージョンにしか対応してなくて、しかも最近全くメンテされてない状態。

一応、昔気に入ってて、日本語翻訳までした Proxmox VE も見てみたのですが、えらく進化してしまって、機能てんこ盛りで、こんなんイラネ。VNC もセキュリティに気を遣うのはわかるんですが、ごく一部のクライアントしか対応してないプロトコルしか外に出さない=使いにくい Java クライアントとか、HTML 5 版のやっぱり使いにくいクライアントしか想定にないみたいで、愛想が尽きた。

まあ、イメージは素の状態から CD イメージとか、debootstrap とか使って作るので、VM の作成や削除の機能はいらないや。となると、VM の起動/停止が簡単にできればそれでいいんだけど……ないですね。そんなツール。

ということで、vmmaestro という名前だけは大層なシェルスクリプトをでっち上げました。GitHub にて絶賛公開中。一応、vhost-net とか、x-data-plane とかにも対応してます。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.