カテゴリー : Japanese

iLocalize 4.0 翻訳修正

Arizona SoftwareiLocalize は私も愛用しているのですが、最近リリースされたバージョン 4.0 に誤訳が1カ所あるのを見つけました (お恥ずかしい…)。開発元には修正版を送付済みですが、次のリリースまでに間があるので、お待ちになれない方は、添付の Localizable.strings.zip をダウンロードして展開すると出てくる Localizable.strings ファイルを


/Applications/iLocalizes/Contents/Resources/ja.lproj/Localizable.strings

に上書きコピーして下さい。

iLocalize 4.0 日本語 Localizable.strings ファイル

Proxmox VE 日本語訳修正版

お恥ずかしい限りの誤訳が見つかりましたので、修正版をあげておきます。修正個所は、”Add an ehternet device” を「ドライブ全体を追加」としていたところです。何を見てたんでしょうね>自分。^^;

次のファイルを gunzip で展開した後、/usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/pve-manager.mo に上書きしてください。

Proxmox VE 日本語ファイル

ご迷惑をおかけします。

日本語に翻訳しているソフトなど

そういえば、Mac ソフトの翻訳などしてたりするわけですが、何のソフトを訳してるのかどこにも書いたことがないので、ちょっとまとめてみたり。

  • Archiver – アーカイバ。旧 Rucksack。
  • Changes – 有名なテキスト差分抽出ツール。CodaEspressoBBEditTextWrangler へのインテグレーションをサポートしています。
  • Choosy – ブラウザ選択ソフト。システム環境設定ペイン。
  • DaisyDisk – ディスク使用量を視覚化。
  • DiffFork – FileMerge より高機能かつユーザーフレンドリーな差分抽出アプリ。
  • DVDRemaster – DVDリマスタリングソフト。
  • Flux – Webサイトオーサリングツール。WYSIWYGなのがポイント。
  • FruitMenu – アップルメニューやコンテクストメニューをカスタマイズ。
  • Fruux – アドレスブック/カレンダー/ブックマーク/ノート同期ソフト。システム環境設定ペイン。
  • iCloud – オンラインストレージ & オンラインデスクトップサイト。現在翻訳作業中
  • iLocalize – Mac ソフトローカライズヘルパー。
  • iShowU – スクリーンキャプチャソフト。
  • iShowU HD – 高画質スクリーンキャプチャソフト。
  • Lyn – 高機能グラフィックビューワー & ブラウザ。(2011/3/12 追加)
  • Mailplane – Fruid を利用した Gmail 専用クライアント。しばらくメンテされてなかったので勝手に引き継ぎ。(2011/2/14)
  • MAMP Pro – Apache + MySQL + PHP 一括運用ソフト…の商用版
  • MindNode (Pro) – マインドマップソフトウェア。
  • MindNode for iOS – 上記ソフトの iPhone/iPod touch/iPad 版
  • MyBB – PHPで書かれたBBSソフト。現在翻訳作業中
  • Notificant – 予定通知ソフト。Web アプリも通知メールも日本語に。iPhone 版も予定。(2011/3/30 修正)
  • Nukit – ランチャ、辞書検索やウインドウ操作などを含む多目的ユーティリティソフトです。
  • PoweradminPoewrDNS サーバー WebGUI フロントエンド。
  • Proxmox VEKVM & OpenVZ ベースのクラウドサーバ管理ソフト。
  • Quiet Read – ブックマークソフト。
  • Simon – リモート監視ソフト。
  • SnapRocket – ウィンドウ操作ツール。システム環境設定ペイン。
  • SolusVMXen PV, Xen HVM, OpenVZ 対応 VPS 管理コンソール。1.6 を翻訳してフォーラムにポストしました。2.0 では KVM にも対応するとのことで、さらに利用が広がりそう。(2011/3/12 追加)
  • Soulver – 数式計算ソフト。バージョン 2.0 を翻訳しました。
  • SourceTreeMercurial & Git 対応バージョン管理ソフト。
  • Sparkle – ソフトウェア自動アップデートフレームワーク。
  • Squirrel – 家計簿ソフト。
  • Stomp – 動画圧縮ソフト。
  • StoryMill – 小説/脚本製作ソフト。
  • SubEthaEdit – テキストエディター。
  • Thoughts – ノート管理ソフト。
  • WindowsShade X – ウィンドウをタイトルバーに折り畳んだりするツール。10.6 対応しましたね。

むう。まだまだだなぁ。誤訳、翻訳もれなどありましたら知らせて頂けると嬉しく思います。はい。

(2011/2/14 追加) MailPlane 追加。
(2011/3/12 追加) Lyn, Notificant, SolusVM 追加。
(2011/3/30 修正) SourceTree 作業終了

MindNode 日本語版公開

マインドマップソフト、MindNodeMindNode Pro の日本語版が公開されました。いや、翻訳したのは私なんですけどね。^^;

マインドマップソフトは他にもたくさんあるんですが、わかりやすくてかつ必要な機能が揃っているのってなかなかなくて。MindNode 以外にも、XMind とか、FreeMind などのフリーものに加え、PersonalBrain (フリー版もありますが) などの有料ソフトもいくつか試して見たのですが、どれもいまいち。いいなと思っても価格が見合わなかったり。そんな折、Macの手書き説明書さんで MindNode のことを知り、使ってみたわけです。でまあ、手になじむこと。:)

まず起動直後の画面

起動画面

メインノードがぽつんとあるだけで、他は何もなし。ソフトの操作なんて調べるまでもなくわかります。ノードウェルをつまんで新しいノードを作っていけばいいんですから。

マインドマップらしきもの

こんな感じになります。この手のツールは、操作に意識を取られてしまっては落第ですから、思い立ったらパパッと書けなくちゃなりません。これ書くのにメニューとか一切さわってません。クロス接続は Pro 版だけの機能なんですが、こういう補助的な視覚情報が追加できるのは助かります。また、インスペクタを表示させると、

インスペクタ

インスペクタ

インスペクタ

ドキュメントの属性を修正したり、ハイパーリンクを挿入(Pro版だけの機能ですが)したり、ノードの属性を変更したりできます。

マルチルート

Pro 版限定ではありますが、ルートノードを複数持つこともできます。実際にアイデア出しをしていると関係のある課題というのは出てくるもので、そちらはそちらで展開してつながりそうなところをクロス接続で繋いで関係性を明示しておくと後々トレースするのに便利です。しかし、そうやってノードを増やしていくと全体が見づらくなる時もありますよね? でもそんな時でも大丈夫。

折りたたみ

Optionキーを押すとノードウェルが折りたたみアイコンに変化するのでそれをクリックすれば、ほれ、この通り。現在集中しているマップ以外はこうしてたたんでおけば気になりません。

ということで、すっかり気に入ってしまいました。日常的にブレーンストーミングを行う。毎日企画を考えているなんていうビジネス指向の方にはもっと管理機能の充実したソフトがいいのかも知れませんが、私はこれで充分。来年夏公開予定のソフトの企画をこれで考えてたりします。

あ、もし Pro 版気に入って頂けたら、このページの左上にあるアフィリエイトリンクから買って頂けるととても助かります。^^;

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.