カテゴリー : Cloud service

Newspipe のインストール

Feedbin の設置には成功したものの、どうやってもフィードを更新してくれなくて、使用を断念したが、他によさげなアグリゲーターがないか、😎 Awesome lists about all kinds of interesting topicsで探したところ、Newspipe が使いやすそうだったので、これをインストールしてみた。

結果から言うと、丸二日かかって稼働に成功。やったね!😁

まず、Python 3.7 以上が必要だが、Debian 9 (Stretch) に入っているのは、3.5。ということで、ソースからインストールする。現時点での最新版は、3.7.3

最初に、前提となるパッケージをインストールしておく。

次に、適当なところでアーカイブを展開し、以下を実行する。

--enable-shared オプションって推奨されてないんじゃないの?と思う人もいるかも知れませんが、mod_wsgi に共有ライブラリが必要なので、指定せざるを得ません。最後の ldconfig は、Python 共有ライブラリを認識させるためのおまじない。やっておかないと実行時にエラーが起きます。

Python がインストールできたら、PostgreSQL も必要なので、インストールしておく。うちは、別インスタンスにインストール済みなので、パス。いずれにせよ、データベースを作成しておく。

NewspipeGitLab からクローンする。

Newspipe を実行するユーザーを作成する。

README にある通りに実行…したら、上手くいかないので、以下のようにする。

ここで、src/conf.cfg を編集する。うちは、こんな感じ。ドメイン名は example.com ではなく、自分で取得したドメインに適宜置換すること。

編集を終えたら、以下を実行。

ここで、エラーが出なかったら、うまくインストールできている。が、mod_wsgi で実行すると、地味にエラーが出るので、以下のパッチを当てておく。

mod_wsgi をインストールする。

エラーや警告が出たら、何か足りないので、せっせと追加する。

さらに apache を設定する。まず、/etc/apache2/mods-availabe/mod_wsgi.load を作成する。

WSGIPythonHome や、WSGIPythonPath は実際にインストールされているディレクトリに適宜置換することをお忘れなく。

次に、/etc/apache2/sites-availabe に設定ファイルを作成する。ファイル名は仮に、newspipe.conf としておく。あと、ドメイン名は example.com ではなく、自分で取得したドメインに置き換えること。

見ておわかりの通り、WSGIScriptAlias に、/srv/newspipe/src/web/app.wsgi を指定してるけど、そんなファイルはない。つまり作成する必要がある。

ここまで辿り着いたら、あとは、

これでブラウザからアクセスして、ログイン画面が出れば完了!

Feedbin のインストール

結果的に、動作しなかったが、勿体ないので、記事は残しておく。

ニュースサイトの閲覧に、サーバー設置型であるニュースフィーダーの Fever を使っているのだが、ディスコンになってしまって、乗り換え先を探していたところ、オープンソースで公開されている Freebin がよさげだったので、Debian GNU/Linux 9 Stretch にインストールしてみた。Feedbin に月 $5 払えば、インストールなどいらないのだが、ドキュメントに書かれていない設定が多数あって、試行錯誤に丸一日費やしたので、どこかに残しておかないと勿体なかったというのもある。😁

まず、Stripe.comのアカウントが必要なので、サインアップする。

ダッシュボードの「テスト API キーの取得」に、公開可能キーとシークレットキーがあるので、これをいったんコピーしておく。

次に、サイドバーの Billing → 商品から、商品を 9 種類追加する。商品ごとの料金プランで、API ID に以下の値をひとつずつ設定する。面倒だが、Stripe.com に該当の API ID を持つ商品(料金プラン)がないとエラーになるので、頑張って設定する。

  1. basic-monthly
  2. basic-yearly
  3. basic-monthly-2
  4. basic-yearly-2
  5. basic-monthly-3
  6. basic-yearly-3
  7. free
  8. timed
  9. trial

設定が終わったら、インストール作業に入る。まず、Feedbin を実行するユーザーを作成する。

実行には、memcahedrediselasticsearchruby が必要なので、インストールする。ただし、システムデフォルトの ruby は、バージョンが古い (2.3) ので、rvm から必要なバージョンを導入しなくてはならない。(無論、rbenv から導入してもよい)

rvm グループにユーザーを追加しておく。

前提となるツール/ライブラリ群をインストールする。

elsticsearch は、java で書かれているので、java をインストールする。折角なので、最新版を入れる。

elasticsearch 本体をインストールする。

/etc/default/elasticsearch を以下のように編集して、再起動。

次に、bundle をインストールする。

camo という、イメージプロキシの実行に必要なので、node.js をインストールする。

camo をインストールする。

/lib/systemd/system/camo.service を作成する。

camo サービスを有効にして、起動する。

Feedbin 本体をインストールする。

.env ファイルを編集する。

PostgreSQL のユーザーを作成する。

データベースを作成する。

Refresher をインストールする。

Image フィーダーをインストールする。

ログディレクトリを作成する。

Feedbin 本体起動用スクリプト /usr/local/bin/startfeedbin を作成する。

/lib/systemd/system/feedbin.service を作成する。

Image フィーダー起動用スクリプト /usr/local/bin/startimage を作成

/lib/systemd/system/image.service を作成する。

サービスを有効化して、起動する。

あとは、Web サーバーに http://localhost:9191 を参照するリバースプロキシを設定して、ブラウザからアクセスすれば、ログイン画面が出る。

ユーザー登録をすませたら、試用期間中になるので、データベースを直接書き換えて、契約済みにしておく。

これで後は読むだけ…とか思ってたら、フィードが更新されない…ググっても解決しないので、諦めた。

Declicious から Pinboard へ

既にご存じの方も多いと思われますが、TechCrunch Japanでも報道されている通り、Yahoo! は、Delicious廃止すると決定しました売却する予定だと発表しました。(12/22 更新)

まあ Yahoo! ですし、買収した事業でまともに継続できてるものがあるのか? といった会社ですから、仕方ないのですが、ユーザーは大混乱。そりゃまあそうですよね。で、そんな人に朗報。Yahoo! の元社員が作ったシンプルながら必要な機能は揃っているという、Pinboardがあります。

昨年始まったサービスなのですが、当初は副業だったはずが、順調にユーザー数を伸ばし、今やフルタイムで取りかかっているとか。ただし無料じゃありません。登録費用が、今現在で $7.85 かかります。これ、後になればなるほど値段が上がっていくという (サービス開始時のβ版の時は、$2.84) ユニークな値付けポリシーなので、早めに登録した方がよろしいかと。:)

と言ってもクライアントが対応してなきゃなぁと思うあなた。Windows は知らないので何とも言えませんが、Mac ならちゃんと対応したソフトがあります。

まずは、DelibarDelibar は、単にアカウントを追加するだけです。超オススメ。どんなものか詳しく! という方は私のショボい説明より、Macの手書き説明書さんの記事や、わかばマークのMacの備忘録さんの記事をご覧下さい。もしくは、linkerさんのレビューとか。soundscape out さんの記事もあります。

Delicious クライアントではありませんが、Quiet ReadPinboard に対応しています。ブックマークしたURLをメニューから簡単に Pinboard へ (もちろん、Delicious や、InstapaperRead It Lator にも) 送信できます。わざわざブクマするほどではないけど、後で読むので URL を保存しておきたいという向けのツールです。レビューは、Macの手書き説明書さんの記事や、MacOSXの新着アプリテスト記録とトラブルシューティングさんの 7月17日付けのレビューをどうぞ。

あとひとつ、Pukka も対応可能です。ただし、Delicious アカウントと Pinboard アカウントは同居できません。対応方法は次の通り。

  1. Preferences を開いて、Accounts で、既存のアカウントを削除します。
    続きを読む

CloudApp & Droplr

どちらもまだクローズドβテスト中ですが、幸いにも招待を受けることができたので、ちょっと感想など。

CloudApp

使い始めて間もないのですが、画像や動画、ファイルのアップロードと URL 短縮が同時に行えるサービスです (もちろん、URL の短縮だけを行うこともできます。MobileMe の iDisk + bit.ly or tr.im といった感じのサービスですね)。利用するには、クライアントアプリケーションをダウンロード・インストールする必要があります。Web から利用することはできません (参照するだけならブラウザがあれば事足りるのは当然なんですけどね)。しかも、アップロードしたファイルの管理はもとより、URLのクリック数を取得することもできません。始まったばかりでこれから様々な機能が実装されていく状態といったところです。一般公開はかなり先になるのではないでしょうか。ちなみにクライアントアプリは、Mac 専用なので、今のところ Windows から利用することはできません。

CloudApp Logo

CloudApp

Droplr

一方の Droplr も同様のサービスですが、こちらはアップロードしたファイルの管理や URL のクリック数を参照することができます (削除もできます)。URL短縮に使用するドメイン名を「droplr.com」「drp.ly」のいずれかから選択することができる他、自前のドメイン名があればそれを使用することもできるようになっています。こちらもクライアントアプリが Mac にしか対応していないため、Windows からは利用できません。

Droplr

Droplr

総じて、Droplr の方が機能については先行していますが、両方ともまだクローズドβテスト中なのは冒頭で述べた通りで、CloudApp も遠からず機能を充実させていくことと思われます。スクリーンショットなども掲載できれば良かったのですが、開発者からそれはやめてくれと釘を刺されているので、文字だけの紹介になったことについてはご勘弁を。しばらく使い込んでからまた詳しくレポートしたいと考えています。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.