Feedbin のインストール

結果的に、動作しなかったが、勿体ないので、記事は残しておく。

ニュースサイトの閲覧に、サーバー設置型であるニュースフィーダーの Fever を使っているのだが、ディスコンになってしまって、乗り換え先を探していたところ、オープンソースで公開されている Freebin がよさげだったので、Debian GNU/Linux 9 Stretch にインストールしてみた。Feedbin に月 $5 払えば、インストールなどいらないのだが、ドキュメントに書かれていない設定が多数あって、試行錯誤に丸一日費やしたので、どこかに残しておかないと勿体なかったというのもある。😁

まず、Stripe.comのアカウントが必要なので、サインアップする。

ダッシュボードの「テスト API キーの取得」に、公開可能キーとシークレットキーがあるので、これをいったんコピーしておく。

次に、サイドバーの Billing → 商品から、商品を 9 種類追加する。商品ごとの料金プランで、API ID に以下の値をひとつずつ設定する。面倒だが、Stripe.com に該当の API ID を持つ商品(料金プラン)がないとエラーになるので、頑張って設定する。

  1. basic-monthly
  2. basic-yearly
  3. basic-monthly-2
  4. basic-yearly-2
  5. basic-monthly-3
  6. basic-yearly-3
  7. free
  8. timed
  9. trial

設定が終わったら、インストール作業に入る。まず、Feedbin を実行するユーザーを作成する。

実行には、memcahedrediselasticsearchruby が必要なので、インストールする。ただし、システムデフォルトの ruby は、バージョンが古い (2.3) ので、rvm から必要なバージョンを導入しなくてはならない。(無論、rbenv から導入してもよい)

rvm グループにユーザーを追加しておく。

前提となるツール/ライブラリ群をインストールする。

elsticsearch は、java で書かれているので、java をインストールする。折角なので、最新版を入れる。

elasticsearch 本体をインストールする。

/etc/default/elasticsearch を以下のように編集して、再起動。

次に、bundle をインストールする。

camo という、イメージプロキシの実行に必要なので、node.js をインストールする。

camo をインストールする。

/lib/systemd/system/camo.service を作成する。

camo サービスを有効にして、起動する。

Feedbin 本体をインストールする。

.env ファイルを編集する。

PostgreSQL のユーザーを作成する。

データベースを作成する。

Refresher をインストールする。

Image フィーダーをインストールする。

ログディレクトリを作成する。

Feedbin 本体起動用スクリプト /usr/local/bin/startfeedbin を作成する。

/lib/systemd/system/feedbin.service を作成する。

Image フィーダー起動用スクリプト /usr/local/bin/startimage を作成

/lib/systemd/system/image.service を作成する。

サービスを有効化して、起動する。

あとは、Web サーバーに http://localhost:9191 を参照するリバースプロキシを設定して、ブラウザからアクセスすれば、ログイン画面が出る。

ユーザー登録をすませたら、試用期間中になるので、データベースを直接書き換えて、契約済みにしておく。

これで後は読むだけ…とか思ってたら、フィードが更新されない…ググっても解決しないので、諦めた。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.