Mac にも「紙芝居クリエーター」を!

紙芝居クリエーター」というのは、紙芝居動画、つまりよくギャルゲーなどでよく見かける、画面下部にセリフ枠があって、止め絵を次々に表示しながら文章を読ませる形式の動画を作成するアプリのことです。ニコニコでは、アイドルマスターの紙芝居動画のためのジャンルが確立しています。NovelsM@ster とか、im@s架空戦記シリーズとか。ストップモーションほど手がかからないし、比較的気軽に作り始めることができるので、案外、動画作成の入門に向いてるかも知れません。

で、まあ、この紙芝居動画を作成するアプリですが、Mac 用にもあるんですけど……。「絵解き帳」という二鏡Pが作られたアプリです。ただ、最後に更新されたのが、2012年1月ということで、丸三年更新されてなくて、素の Yosemite ではシーンの追加ができなくなってしまっているのです。OS の仕様変更が原因です。

最初は、これを手直しして、Yosemite でも動くようにして……と考えていたんですが、ビルド時に何十も警告が出て、それをいちいち調べながら修正していく手間と、不満点——同一のターゲットにエフェクトを多重にかけられない。そのせいでプラグインの作成がすごい手間——を鑑みて、自分で作ることにしました。

前から、Mac 用のアプリを作るつもりだったんですが、そのうち、そのうち、とずるずる引き延ばしてきていて、良い機会でもあるわけです。錆び付いてしまっているプログラミングの勘を取り戻すためにも頃合いの規模だと思いますし。Core Image とか、AV Foundation とか、名前だけ知ってて、何をどうするのかわかんない機能もちゃんと調べて実装できるくらいにはなりたいと思ってます。SpriteKit とかも使ってみたいし。OS X/iOS も次々に機能を追加しつつ、古い機能を削除して行ってるので、ついていくのは中々大変そうですが、それこそが、こういう仕事の面白みでもあるので、頑張ってみようかなぁと。

取りあえず、新年度までには形にしたいと思ってます。作りたい動画が止まってるので、それを作って気が済んだら、一般公開もするかも知れません。それはその時の気分次第で。:D

しかし、Mac アプリを作ると決めたはいいものの、Apple が公開している資料くらいしかまともな資料がないというのはいかがなものか。iOS 向けの入門書はやたらと出てますが、ちょっと凝ったことをしようとすると、参考資料が絶無に等しい。

絵解き帳」は、プラグインを Quartz Composer で作るようになっていて、私も初めて詳しく調べてみたんですが、滅茶苦茶面白いです。すごい簡単にグラフィカルなエフェクトが作れてしまう。ところがこれもほとんど資料がない。あってもバージョンが古すぎてほとんど役に立たないときます。VJ なんかではバリバリ使われてるらしいので、現役のツールなんですが、一般には馴染みがないんですかねー。Mac 持ってる人はぜひぜひ試して欲しい。本当に面白いくらい簡単に色んな事ができますから。Yosemite ではなぜか頻繁に落ちますが。

ところで、OpenGL なんかも避けて通れないみたいなんですけど、なんか良い入門書とかないですかね。床井研究室とか何度も読み返したりしてるんですが、シェーダープログラミングがいまいちよくわかりません。3D CG の基礎がないからかな。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.