Debian で Xen 4.1 を

パッケージで入れられてしめしめとか思ってたら、何か依存関係でも壊したのか、起動しないゲストがあったでござる。ということで、バニラな方法で入れ直す。元ネタは昨日と同じでこちら → Xen 4.1 from source with Debian Squeeze 2.6.32-5-xen-amd64 dom0 (test)

Xen.org からソースを取ってきます。現時点での最新版は、4.1.2。


wget http://bits.xensource.com/oss-xen/release/4.1.2/xen-4.1.2.tar.gz

ビルドに必要なパッケージをインストールします。/etc/apt/source.list に以下の行を追加して、


deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main

以下を実行。


apt-get build-dep xen
apt-get build-dep xen-utils-common

build-dep で入らないパッケージを追加で入れます。


apt-get install libx11-dev libssl-dev python2.6-dev

で、おもむろにビルド


make xen
make tools
make stubdom

エラーがなければインストール。


make install-xen
make install-tools PYTHON_PREFIX_ARG=
make install-stubdom

Domain 0 に必要なサービスデーモンの起動設定を忘れずに。


update-rc.d xencommons defaults
update-rc.d xendomains defaults

4.0 までと互換性のある、xm ツールセットを使う場合は、xend も起動するようにしておきます。


update-rc.d xend defaults

ひとまず以上で、Xen が起動するはずです。再起動して確認しましょう。


xl list

次のように、Domain-0 がリストされない場合、たいていは GRUB の設定ミスです。

ゲストの作成、管理は色々な方法がありますが、素で Xen を使う場合、xen-tools でゲストを作るようにしておくと、余計なデーモンが常駐したりしないので、その分管理が簡単になります。ですが、パッケージの xen-tools は当然のことながら、xen のパッケージに依存していますのでこの場合は入れられません。従って、これもソースから入れることになります。

まず、xen-tools の実行に必要なパッケージをさくさく入れます。

次にソースを取得します。パッケージよりちょっとだけリビジョンが上がっています。


wget http://xen-tools.org/software/xen-tools/xen-tools-4.2.1.tar.gz

ソースを展開して、インストールすればおしまいです。意外に簡単。


make install

また、xen-tools では RedHat なディストリビューションを入れるのに、Rinse を使うので、CentOS とかゲストに入れたいと考える人は、入れなくてはなりません。まずは、Rinse の実行に必要なパッケージを入れます。


apt-get install rpm rpm-common rpm2cpio

次にソースを取得します。パッケージより大幅にリビジョンが上がっています。


wget http://www.steve.org.uk/Software/rinse/rinse-1.9.1.tar.gz

ソースを展開して、インストールすればおしまいです。これも簡単。


make install

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.