カメレオンはレガシー好みらしい

うちのマシンが、Chameleon 2.0 ではブートメニューを操作できなかった原因は、BIOS の USB 設定が原因でした。Advanced > USB Configuration の

Port 64/60 Emulation
Legacy USB Support

をともに、Enable にしてやると、ちゃんと Apple Keyboard の入力を拾うようになりました。

や、SDMx86 の素のブートローダ (PC-EFI v9) だと何故か CPU のクロックとか、BIOS のバージョンとか、SMCから拾う値が異常な値になってたので、気持ち悪かったんですよねん。

ついでに、ブートローダーを Chameleon に置き換えることで、ログイン時のカーネルパニックも起きなくなったので、二重に良い結果となりました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントするには、 [ ログイン ] する必要があります。

 

Twitter links powered by Tweet This v1.8.3, a WordPress plugin for Twitter.